埼玉県・川口市・蕨市・蕨駅・眼科・白内障・日帰り手術・手術・緑内障・糖尿病・セカンドオピニオン・視神経乳頭陥凹 / はやの眼科


CONTENTS


HOME

診療案内・地図

医院案内

眼の病気

★お知らせ★



携帯サイトはこちらから

スマートフォンサイトはこちらから


ロゴマークはやの眼科クリニック 

日帰り手術の流れ

手術は、日帰りでおこなえます。


(1) 自覚症状がでて、眼科を受診する。

  • 白内障の症状としては、 視力低下・霧がかかった感じ・明るい場所がやたらと眩しい・逆光で人の顔が暗くみえる等。
  • 生活上不便を感じた時が受診のタイミングです。
  • 白内障以外の原因で視力が低下している場合もありますので正確な診断が必要です。

(2) 白内障と診断される。

  • 軽度なら目薬で様子を見る場合もあります。またご希望があれば、診察当日に手術の申し込みをすることもできます。ただし、申し込みから手術日までは1〜3ヶ月程度お待ちいただいております。
  • 手術ですので、決定に際しては御家族にも御相談ください。できれば御家族も一緒にお話を聞いていただける方が望ましいでしょう。

(3) 手術を申し込む。

  • 眼科や整形外科は『機能外科』ともいわれます。身体の機能を改善し、より質の高い生活をサポートするという意味です。
  • 白内障自体は生命に係わらない疾患ですので、通常はより良い視力、質の高い生活を得るために手術をします。ですから患者さんの考え方やライフスタイルが最優先されます。(ただし、合併症を引き起こしている場合、白内障自体が他疾患を引き起こしている場合には、積極的に手術をする時もあります。)
  • 当院では、白内障の写真・検査の結果をもとに、患者さんが納得のいく説明を行い、手術の決定は患者さん自身に、していただいております。
  • 内科等で通院中の方は、ご相談ください。担当医との、連携判断が必要となります。なかには手術時期を延期した方が良い状態のこともありますので、その場合は内科の主治医の判断に従います。
  • 手術が決定したら手術までの全ての日程を書いた予定表をお渡しします。

(4) 手術前検査

  • 人工レンズの度数を決めるための眼の超音波検査、また手術では多少の出血を伴いますので、血液を介して感染する病原体(肝炎ウィルス等)の有無等の検査をおこないます。

(5) 手術の説明と同意・術前術後の説明

  • 毎週火曜日正午から手術説明会をおこなっております。
    ※参加費は無料です。手術を受けない方でも、興味があれば参加できます。その場合、事前に御連絡ください。
  • 白内障手術は短時間でできることが多いため、簡単な手術と誤解されがちです。しかし実際には顕微鏡を用いた精密な手術ですので、手術や合併症に関する正確な理解が必要です。
  • 手術までのスケジュール、術前術後の生活上の注意点に関しては『白内障日帰り手術のしおり』をお渡しします。読み合わせも行いますが、家でも熟読しておいてください。
  • 不安なことがありましたら、いつでもご相談下さい。

(6) 手術当日

  • 手術前に、点眼等の前処置があります。点眼薬が効くまで1.5〜2時間かかり、手術室入室はその後になります。
  • 手術時間は白内障の程度(硬さ)や術式によって異なります。 (当院では手間を惜しまず、感染等の合併症を最大限に防止できる術式を採用しています)。手術自体の時間は概ね10分程度ですが、その他に準備、消毒、処置等の時間もかかりますので、手術室に入ってから出るまでは30〜45分程度かかります。付き添いの方は心配なさらないでください。
  • 当日、当院に来られてから帰られるまで、3時間程度とみて下さい。

(7) 手術後の定期検査

  • 基礎疾患や合併症の有無により異なりますが、術後の定期検査が必要です。
  • 一般的な目安として、手術の翌日、三日後、翌週に診察を行います。それ以降は、1ヶ月に1〜2回診察を行います。

白内障手術概要

にごった水晶体をとり除き、かわりに透明な人工レンズを移植する手術です。

黒目と白目の境の部分に数ミリの切開を入れ、そこから特殊な器械を使ってにごりの部分を砕きながら吸い出すという最新の方法をとります。

また、柔らかい人工レンズを丸めて眼内に入れ、中で拡げて固定します。この方法によって術創が非常に小さくなりました。

以前は水晶体のにごりを全部まるごととり出し、硬く大きな人工レンズに交換する方法が主流だったために、切開は1センチ以上必要でしたが、現在では、傷口がずい分と小さくなりました。
傷口が大きいと合併症や感染等の危険性が大きくなり、また術後に乱視もでやすくなります。

手術はにごりの硬さや状況によって異なりますが、おおむね10分前後で終了します。
なお水晶体には神経がないため、局所麻酔でも痛みはほとんど感じません。
また、より清潔な部分(黒目の上方)に手術創をつくり、手術終了時には結膜をいう軟組織でそこを丁寧に覆って保護するという方法を当院では採用しています。この方法は多少手間と時間がかかりますが、感染等の合併症を防ぐのに有効です。


手術費用

保険適応です。1割負担で再診の場合、当日におおよそ15,000円かかります。
(2017年4月現在)

注1 2割・3割負担の方はこの約2倍および3倍となります。
注2 月の医療費が基準値を超えた分は、免除されます。
          1割負担の上限は月14,000円
          3割負担の上限は月57,600円
          (2017年8月〜)
注3 初・再診の別、投薬の種類等により多少異なります。

 このページのトップへ↑
 ←戻る


HOME診療案内・地図院内紹介眼の病気
埼玉県・川口・蕨・眼科・白内障・日帰り手術・手術・緑内障・糖尿病

Copy © 2003 Hayano Eye Clinic All Right Reserved.